みんなのうるてぃまおんらいん

ウルティマオンライン、瑞穂シャードで遊んでいる日記です。

飛鳥

(飛鳥) 劇団公演やりきりましたー : 動画リンクを追加!

芸術の初夏、芸術の梅雨、そして芸術の夏と約三か月に渡ってひっそりと取り組んできたこと。
それが本日実ることとなりました。

生まれながらにしてエンタティナーなブリタニアの皆さま、こんにちは。
というわけで、この日は劇団アールポップの一般公演がありました。
タイトルは 『A Letter ~1枚の手紙~』 という、心温まる人情?劇です。

10122310224208

海上と共にお客様がなだれ込んできまして、15分前くらいにはほぼ満席に!
もし観客席がスカスカだったらどうしよう、でも緊張しなくて済むからそっちのがいいかも、とか考えていたのでびっくりです@@

1020010214708

定刻となって劇場支配人の挨拶が行われましたが、その時には立ち見まで出るくらいの大盛況!
演劇自体は過去にも行われたことがありますが、出演側で参加するのは初めてなのでこの光景は貴重な体験でしたねー
行われたのはフェルッカのマジンシアに建設された『飛鳥オペラ座』です。
Fなのにマナー良く、何のトラブルもなかったのは嬉しいですね。

1040210220208

― そして中略

自分が演じている最中は写真を撮る余裕が無かった><
出演場面が終わると会場からはいなくなってしまうので続きも見られませんでしたが、お友達が動画を撮っておいてくれてました。
他にも会場整理をしてくれたり会場への送迎をしてくれたり、ホントにありがたいですね。

最後まできっちりと演じきることが出来て充実した時間だったなぁ。
ラストは全員でのあいさつをもって〆となりました。

1080710223708

本番が近付いたころからちょっとバタバタであまり顔出すことができなくなっているので心配もありました。
それでも他の演者たちのフォロー、監督の心遣いによって無事に閉幕を迎えることが出来まして感謝申し上げます。
最初はあたしに演劇なんて本当に出来るのかな、とか思ってましたが、なんとかなったんじゃないかな、自画自賛。。。

今回はとても良い機会に恵まれ貴重な体験をすることができました。
一緒に歩んでくれた劇団のみんな、協力・応援してくれたギルメンたち、見に来てくれた皆さまへはいくらお礼を言っても足りないくらい。

そして

  ―すべてのエンタティナーたちに感謝!


次はあなたが出演する番かもしれませんよ?
興味ある方はぜひ飛び込んでみてくださいねー

 fin.


追記
Youtubeに動画がアップされましたのでリンクしておきます。
後半はあたしの出演がないので実は初めて見たんですよ!
とってもいい感じでしたね!
見に来られなかった方もぜひ見てみてくださいねー


(飛鳥) 劇団アールポップ公演へ出演します!

ブリタニアンなみなさま、こんにちは。
この度、飛鳥シャードにて演劇出演することとなりまして、恥ずかしながら告知・宣伝させていただきます。

タイトルは 『A Letter ~1枚の手紙~』 です。
あたしは飛鳥シャードのNixieとして参加させていただいています。
ご都合付くようであればぜひご観覧においでくださいませ。

1

フライヤーにも記載がありますが、公演日は8/10(月)の山の日、祝日ですね。
場所は飛鳥シャード フェルッカのマジンシアにある飛鳥オペラ座という建物です。

2633126235307

一般席は無料ですが特別なお席も用意されています。
こちらは8/9(日) 22時~22時15分に事前受付と抽選がありますよ!
とっても雰囲気のあるボックス席なのでとってもおススメです。

その他詳しい情報は下記リンク先をご覧くださいませ。
地図やお席のことなども掲載されております。



というわけで完全な宣伝となってしまいました。。。
最近はあんまりブログ更新してなかったのに宣伝はちゃっかりしちゃってごめんなさい。
週に何度かは練習してたんですが、ネタバレになってしまうのでブログに書くわけにもいかずー
でも出演者みんなで頑張りましてなかなかいい出来になったのでぜひ見に来てほしいです。

それではたくさんのご来場お待ちしております~♪

(飛鳥) 9マスの小さな世界 3x3内装OBJコンテスト

全ての有は無から産まれ、全ての無は有から産まれる

  ―― 箱舟の記録 序章 第4節より



というのはまったくのでたらめです。。。

もっともらしく書きだしましたが、7月25日の夜、ミノック北の平野でとあるコンテストが開催されました。
その名も 『 3x3内装オブジェクトコンテスト 』 です。
どんなものかというと、3x3の9マスに様々なアイテムやアドオンを設置して自分なりの世界観を表現するクリエイター的なイベントですね。

まずは開会式です。
参加する方は前のいすへ腰かけている6名の匠!(のちに飛び入りがあり7名に!)
最初に主催のミノック首長より挨拶がありましたー
観客も結構いらしてますね。
そんなイベント会場へ、あたしは今回スタッフとしてお手伝いに行ってきました。

2541825220207

開始直前の会場はこんな感じ。
青いタイルで囲まれた9マスへそれぞれの世界を作っていただきましょう。
第一回は3名の参加だったのですが、今回は倍以上に増えたのでにぎやかになりそうですね。

25122225221207

規定時間は30分間と結構短め。
それでもみなさん思い思いの作品を生み出してくださいましたー
あたしが一番気に入ったのは南側にあるベッドのある書斎かな。
テレポーターを使ってベッドに入れるという仕掛けが楽しいものに仕上がっていました。

その他もすべて力作ぞろい。
たった9マスなのにオブジェクト数がすごいことになってる方もいましたね。
この後は投票と集計タイムとなりました。

25180725225607

コンテストだから一応順位とかつくわけですけど、どれも素晴らしい作品、素晴らしい世界観ばかりでしたね。
個人的には内装得意じゃないのですごく参考になります。

でもこの作品たちはこの直後解体されるのでした・・・・
うーん、もったいないですねぇ。

全ての作品の写真や順位は、数日のうちにこちらのページへ掲載されます。
当日ご都合付かなかったかたもぜひご覧くださいませー



そして閉会式。
みんなでパチリと記念撮影で〆
みなさまおつかれさまでしたー

25380625235907

とまあこんな感じで第二回 3x3内装オブジェクトコンテストは大盛況のうちに終了となりました。
第三回もきっと実施されると思いますが、その前に7x7カスタマイズハウスコンテストの予定だそうです。
詳しくは後日また発表されるとのこと。

非戦闘系のイベントが主ですが、あたしもご協力させていただいている飛鳥ミノックイベント企画・実行委員会のサイトはこちらです。
ハウジングコンテストだけでなく人狼もありますのでぜひチェックしてみてくださいね。



それでは今回はこのへんで。
おしまい。

(飛鳥) 汝は村人なりや?

皆さまこんにちは。
相変わらずブリタニアは混沌に満ちており、街中でゆっくりすることも難しい日々です。
それは長く続いているペイガンタイタン侵攻が要因ではないでしょうか。
終わらない疲れた方が多くなってきたのか、それともあたしが参加してないから下火になった気がするのか・・・
そんな侵攻もいよいよ終了となるようです。

公式の告知によれば、来週21時には侵攻は終わりを迎え「新しいダイナミックなトレジャーイベント」が行われるらしいですね。
まったく想像もつきませんけど。。。




さて本題、ミノックのジプシーキャンプで人狼が行われるとのことであたしも参加してまいりました。
まずは集合場所へ向かいます。
遅刻しないようにと思ったらちょっと早すぎたみたいでしたが、少し経ったら集まり始めましたね。

1744217205307

主催は人狼大好きな鹿頭の方です~
すでに終了はしましたら告知リンクを残しておきますね
司会はミノック首長さまなんですけど、その見た目から開始前に人狼だと言われてしまうのはお約束かもー

17162717220507

まずは注意事項の説明や配役の割り振り等々が行われました。
タイトルですでにばればれですが、あたしは「村人」としての参加となりました。
村人は特別な能力は何もないのでその分推理を頑張りたいところですね!

17205617221707

そしていよいよ開始です。
参加人数はなんと・・・16人!
うーん、今まで数度しか参加したことのない人狼ですが、その中でも最大人数、というか経験の倍くらいいますね@@
人数が多いからといってどうなるのかはわかりませんが司会は大変そう。。。

17285017222307

そして初日の部屋割りが行われます。
司会に指名された人が誰かを連れていくといった方式でしたね。

17322317222807

これを何度か繰り返していくうちに、一人減り・・・・そしてまた一人減り・・・・
誰が怪しいのか全く分からないうちに日数が経過していきました。
そんな中、一部はなぜかノーマークのようで部屋割りの時にあまりにカウントされちゃったりして。
なんだかちょっと寂しいですね><
でも村人として最後まで生き残るのも大切な役割ですからー

17405017234307

すでに人狼に食べられた人、自害した狂人、投票によって吊られた人狼と人狼疑いに人・・・・
観客席は死体ローブを着た人でいっぱいですね。。。
ということはもう終盤なわけで、村人としてはミスが許されない状況!?

18423818000007

最終日までもつれた結果、見事人狼サイドを全滅させて村人サイドの勝利となりました。
投票ではまあまあいい線ついていたみたいだったけど、一部罪の無い村人が吊るされていましたが・・・・

というわけでとっても楽しい時間を過ごすことができました。
参加された皆さま、主催者さま、司会のミノック首長さま、ありがとうございましたー
参加者の中には他シャードからいらした方も多かったんだけど、初期キャラでも参加できる敷居の低さがあるからこそなのかな。
瑞穂からもいらしてましたねー

18580818003007

そんな楽しい人狼の解説や開催情報はこちらのページをご覧ください。
過去開催分のレポートもありますよー



あたしが初心者なこともあってあまり詳しくお伝えすることができていないかもしれません。
でも参加してみたら楽しいって思うかもしれないし、初心者向けの解説も事前に行われてますので是非参加してみてください。
次はいつだろうって楽しみになっちゃうこと請け合いですよ!

一緒に楽しめることを願いながら今回はこの辺で〆。
ではではー

バトンを繋ぐために

すでに色々な方が日記にしているようなのでそれほど書くこともないのですが。。。
この日、瑞穂のルナ西で大規模な家腐りがありました。
大規模と言ってもレアハウスやアイテム満載などというものではありません。
しかし好きな方にとってはそれらをはるかに上回る価値のあるモノが大量にあったのですー

実はまったく存じてなかったんですが、瑞穂には大きな図書館が2か所あったとのこと。
でもずっとご不在のようで家維持だけされていたような状態だったみたい?
そしてその二軒がとうとう腐ってしまったのでした。

家腐りはそこに間違いなくいた人がいなくなった証なのでとても寂しくて、普段は参加することはないです。
でも今回は図書館とのことで、収蔵されているであろう大量の本、おそらくはPC本をなるべく多く回収するために参加してみました。

ちなみにこれは後数十分くらいのときの写真です。
こんなにたくさんの荷馬荷ラマ青ゴキを見たのは初めてかもしれない・・・

0663106174707

そしていよいよ崩壊直前です。
もっと早い時間に腐り落ちた一号館には800冊ほど収蔵されていたらしいと聞いていたのでドキドキしちゃいますね。

06100206175207

時間が来て建物が無くなった瞬間、なんとあたしはよそ見してましたので写真はありません@@
ここには写ってませんが、まずは外周にグレーの樽が出現します。
そして建物があった場所にはロックダウンされていたりセキュアに入っていたアイテムが散らばりました。

それらが段々と樽に入っていくさまはシュールというほかありません・・・
最後の一つが樽に代わると外周の樽もフレーから普通の色に変わって壊せるようになるみたい。
それまではダメージが入りません、みたいなメッセージが出て壊れませんからご注意をー

もう一つの注意点はアイテム数ですね。
あたしはいつもバックパックに90アイテム位入ってるんですけど、そのせいで樽壊しに参加できませんでした。
なぜかと言うと、樽を壊した時に樽の中身が全部入れられないからってことだと思います。
樽を叩いているときに、バッグに空きがないですよーってメッセージが出続けてましたからねぇ。。。
やってみないとわからないことってやっぱり結構ありますよね。

06144306175607

樽壊しができないのでアイテム狙いの方が捨てていく本を拾うことに専念することにしました。
ある海外の方なんて、あたしの荷ラマをフレンドにしたら直接入れてくれたりしてー
なかなかeasy operationでしたね。
協力してくれた方とは ty cu みたいな簡単なやり取りしかできませんがそれでも何とかなるのはUOという共通項があるからかな。

なぜか最後には記念撮影!?
つられて花火を上げてしまいました@@

06164006180007

一夜経って保管所を見に行ったら凄い数の本に埋もれて幸せそうに?整理をしているお姿がー
いやいやなんとも感服です。
噂では本の虫ならぬ本の精霊なんてニックネームがあるらしいですよ!

0721107174307

とまあこんな感じで無事に過去から受け継がれてきた資産を救出することができました。
これも皆さまで力を合わせた結果ですね。
家主様の事は心配ですが、いつか帰ってきた時には蔵書がきちんと受け継がれたことをお伝えしたいと思います。

参加された皆さま、情報拡散でご協力くださった方々、ベタな翻訳文を理解してご協力くださった海外の方々、ほんとうにありがとうございました。
整理にしばらく時間を要するかとは思いますが、これらの本たちは飛鳥のLibraryCafeへ収蔵される予定です。
詳しくはこちら、LibraryCafeの図書カフェ便りをご覧くださいませ。



では今回はこの辺でー
またね。



*******
雑記
一つ残念だったのは、おそらく海外の方なんでしょうが英語でCovid19なんとかーって叫んでる方がいたことですね。
厳密な文章は忘れてしまいましたが、移すんじゃない、とか、触れたんだから$5払え(セコイ とか言ってました。
意味があるかどうかはわかりませんが、ハラスメントコールをしておいたので厳重に注意してもらいたいものです。
どの国にもおかしな人はいますが、遠征先だと特に羽目を外しやすくなるのかもしれませんね。

もし次に同じようなことがあったら、前スカラ首長の教えの通り言い返してやるんだから!

I am a Pen !!!


プロフィール
2001年ごろのルネッサンス時代にウルティマオンラインをはじめました。 その後幾度かの休止を挟みつつ細々続けてきました。 メインシャードは瑞穂、フェルッカのヴェスパーに住んでいました。 基本的に戦闘は苦手です。。
記事検索
最新コメント
ブログランキング

Special Thanks

(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.