みんなのうるてぃまおんらいん

ウルティマオンライン、瑞穂シャードで遊んでいる日記です。

内装

(飛鳥) ほんの小さな場所へ紡ぐ世界 -3x3内装OBJコンテスト-

3x3コンテスト、いよいよイベント当日がやってきました。
内装のコンテストは開催が難しいと思うんですが、主催の方は当日直前まで頑張って準備してましたね。



あたしはイベントのお手伝い、スタッフとしての参加でした。
まずは進行や宣伝、受付の説明です。
ちなみに分身してるわけじゃありませんよ?
主催者さまが用意したお揃いのスタッフ衣装なんですねー
ちなみに鶏はユー首長さまです。。

23165323213505

衣装はこんな感じ。
普段自分ではチョイスしない色目の服装がかわいくていいですね!
それにお揃いだとより気分も盛り上がってくる、そんな気もします。

2382623194305

時間になって開会式が行われました。
大勢の方が来てくれたのを見ると、がんばってルーンを撒いたかいがあったなって感じますね。

23225823221105

そしていよいよコンテストの開始です。
3x3という小さなマスの中へ、制限時間内にちいさな世界を作る、そんな感じでしょうか。
参加してくださったのは三名の芸術家?建築家?その両方に勇気を併せ持った素晴らしい方々ですね。
当日参加もOKだったんですが、第一回大会ということで様子見をされる方が多かったんです。

そして出来上がったのがこちらの三作品。
まさに三者三様ってところですね。
どれも創意工夫に満ち溢れていて個性的な仕上がりでした。

ここからは感想タイムということで、見学者たちが用意された本へ感想を書いてポストに投函するというもの。
一人一作品へとの制限はなく、全員へ感想を送ることができるのはとても良かったですね。

23325323230205

感想タイムのあとは表彰式です。
集計方法は、気に入った作品制作者の前に並んでいくという方式でした。
写真は最終結果じゃないんですけど、凄く列が長くなったのが印象的で思わずパチリ。
どれも甲乙つけがたい素晴らしい作品たちでした。
参加者の方々に拍手、ぱちぱちぱち♪

23344023230905

最後は記念撮影で〆。
受賞者が持っているのは記念刻印の入った盾なのですけどお揃いでかわいいー

それにしてもとっても楽しいひと時でした。
参加者からも見学者からも好評のようでしたし、主催者からは第二回も開催したいとのお話もありましたよー
次回はもっと参加が増えますように願ってます。

23445823234305

イベントには大抵見学に行くくらいが関の山だったのですが、今回はスタッフとしてお手伝いに回りました。
いろいろと難しいこともあったけど、すごく楽しくていい経験になりましたね。
次の開催も楽しみです。

ちなみに主催のFALFさんは次のミノック首長選に立候補予定です。
お相手はミノック出張を何十期もやっているベテランなので大変な決断、決意でしょうね。
微力ながらあたしも応援されて頂くつもりです。
かといって何かできるということでもないんですけど・・・・次はウグイス嬢的な?

まあでもその時が来るまではしばしの休憩ですかね。
主催のFALFさん、参加者の方々、見学に来てくださったみなさま、おつかれさまでしたー

色、色々

内装に夢中になってたらあっという間に時間が過ぎていき、日記に書くことの無い日々を送ってしまいました。。。
そんな引きこもり生活でもたまには外に出るわけでー

都会に出てみたらこんな鳥?初めて見るペットです。
いつのまにこんなカラフルなペットを連れて歩けるようになってたんだろ?
知ってる方いたら教えてー

SS291011440302


そしてちょっと強引ですけど色繋がり的な?
赤と金だから・・・・・似てる!?
と言っては失礼かもなGMさまでございます。

あらかじめ言っておきますけど、決してなにか不正行為を咎められたわけじゃありません@@
内装していたらロックダウンが解除できなくなった者が出てしまったのでコールしたんですね。
そしたら最近ではすごく珍しく現地に出向いてくださいました。

残念ながらキューピットの矢を使える時期が過ぎてしまってたので写真にだけおさめておきましたー
問題も無事に解決しまして良かったです。
まあコールしたのは前日だったんですけども。。。。

SS221023140318

とまあ、なにもしてないようでも何かしてますよってことで。
誰に伝えるわけでもない生存報告でした。
おしまい。

ずっとからっぽ

いつまでも終わらないお城の内装とカスタマイズ。。
導線が悪いし今となっては最初からついている扉が邪魔だったりとか、主に使い勝手の不満が大きいです。
でもとにかくセキュアがすごい空いてるのはうれしいわけで、トレードオフってやつなんでしょうね。。。

ほぼ毎日少しづつ手を入れて行っているんですけどホントに終わりが見えない><
自分でもどうしたらいいのかわからないし決めてもいないしいいと思っても気が変わっちゃうし・・・
一応方針としては古城を使った博物館?美術館?的な1Fと、飲食スペースと庭園のある2Fみたいなのを目指してるんだけどなぁ。

というわけで内装に使いたいけど自分では作れないものを探しに行ってきました。
本日の目標は樽の低いほう、水桶なのかな?

それではまず準備からー
最初に水入りピッチャーを酒場で買ってきます。
するとなぜか中身が入ってない・・・
全部じゃないんですけどからのピッチャーを渡してくる店員さんがいるんですよねぇ。
でも大丈夫、むしろこれがいいんですね、多分。。

低い樽?桶?を取りに行くのは厩舎がいいですね。
なんといってもいっぱいあって取り放題ですから。
通常は水が入っているのでこれをさっきのピッチャーで汲んでしまいます。
空になると拾えるようになるのでバッグへポイといただいちゃいます。

今バッグの中には桶と一緒に汲み上げた水の入ったピッチャーがあるはず。
見た目にも水が入ってますから次の樽から水をくみ上げるにはいったん空にしないと。
ところが・・・・なぜかこのままの状態で延々と水をくみ上げることが出来ちゃうんですね!
逆無限ピッチャーみたいになってるので、後は次々に樽を回収して歩きましょう。

SS160723300310

結構重いのでたくさん持っていくのは大変だけど、何とか必要個数を集めることができました。
あとはこの樽とポピーを重ねてみると植込みっぽく見えるようになったかなぁ。
この素朴な感じのベンチはとってもかわいくて、最近作った内装品の中でもかなりお気に入りです。

ちなみにシーサーペントのはく製も作ってみました。
ハントマスター証書と剥製キット、それに木材少々でできるのでお手軽ではありますね。
本当は最大重量が釣れてからと思ったんだけど、いくつが最大なのかわからないので妥協しちゃった。
ちなみにこれはうちの子が今まで釣り上げた中で最大の584ストーンです。

SS310802360312

しかし・・・・大きくてかっこいいんだけど置いてみたらとりあえずそこに感あふれてていまいちですね・・・・
もうちょっと飾り方を考えないとーとまた内装の迷走が始まるのでした。。。。

おしまい。

息抜きのクエストこそ苦行だったお話

いつの間にかアノ!廃人さん ベテランさんがブログをはじめていたー
でもなぜかコメントはじかれて書き込めなかったのでここに大切なことを記しておきますね。
確か見てくれてると言っていたので。。。。

ブログに限らずウェブ作成に関しては公式を要チェックですね。
あたしはコピーライト表記だけじゃなくてUOロゴマークとか使ってます。

UO日本公式 UO広場より

UOの画像などを利用する場合のガイドライン
http://jp.uo.com/support/uo_fan_products.html#blog


ファンサイトキット
http://jp.uo.com/community/link/fs_kit.html


特に大切なのが著作権者の表記ですね。
UO関連のサイト見に行くと大体のとこでコピーライト表記が載ってます。
これって当たり前のように思えるけどなかなかすごいことだと思うんですよね。
でも日本公式が無くなって更新停止してからは存在すら忘れかけられているかもしれません。
その後のPUBに関してはもちろん載ってないので色々と半端な状態ではあるので無理もないけど。。。
それでもブログやウェブサイトを始めようって方がいたら一読しておいたほうが間違いないと思います!


前置きが長くなりました。。。
もしかしたら本文よりも長いかもしれません><
それくらい何もしてない一日だったので・・・・

出来た出来たと言いながら相変わらず内装をいじってました。
殺風景な石の床を何とかしたいと思って絨毯を敷いたりしてるんですけど、どうにも色が気に入らない。
一旦これでOKと思った色が、後になってやっぱりいまいち・・・・ってなってまた敷直し。
それなのにまた少し経ってみたら前のが良かった><とか頭を悩ませ続けています。

そしてその現実から逃れるために!?ちょっとは別の事をしようかなって思い立ちました。
かといってそれが楽しいこととは限らないわけで・・・
でもいつかはやらないといけない、わけでもないんですけど行ってきましたテルマーへ。

目的はこのクエストです。
テルマー、ロイヤルシティの西側にある博物館?にいること方は、考古学者さんのようですが自分で調査へ出向いたりしません。
冒険者へその役目を押し付けてその報告を待っているだけなんです。
まったくひどい話!だけどその報酬はなかなか悪くないんだから持ちつ持たれつなのかなー

SS002307510102

ここに来た理由は二つです。
一つは荷物の片づけをしていて発掘されたクエストアイテム沢山。
ちょっと使ってから気が付いて写真を撮ったので減ってしまってますけど全部で45冊くらいありましたー
そしてこれをひとつづつね・・・こなしていくんですけど、まあめんどくさい・・・・

SS372214390102


クエストアイテムはバッグの第一階層にないといけないのでまずは全部移しておきます。
そしてクエストを受けるんですけど、この古文書?用のクエストがなかなか出てこないです・・・
アクセムさんは3つのクエストを出してくるんですけど、多分難易度順に出してるんじゃないかなぁ。

無事にクエストを受けられたら今度はクエストアイテム指定をしないといけません。
自分へのコマンドメニューから出てくる奴ですね。
指定が出来たらまた話しかけることでクエスト終了となりまして、また最初に戻るわけです。
これを手動でやるんですよ・・・・マクロとかできないので><

それでもがんばってこなしましたー
気になる報酬はというと、特殊宝石が各種20個づつくらいに伐採資源も同じくらい。
お金が60万GP位だったかな。
そしていわゆるSA本の希少版はコレクターズエディションが4冊のみとちょっと寂しい結果でした。
昔やった時は初版とか限定版とかもでたんですけどねぇ。
こんなところにも塩運の波が出来ているのかもしれない・・・・

そしてーこのクエストをやる理由のもう一つ!
それはザー女王への忠誠度なんですね。
うちのアドオンマスター君はスキルカツカツなのでリコールが精いっぱい位の魔法力です。
なので狩りで忠誠度を上げるのは難しいんですね・・・・

そこで登場するのが各種クエストなんですけど、今回のクエストは一回で50入ります。
今回全てこなしてどのくらいになったかというとーまだ3000にも届いていなかった・・・・・
女王のフォージが使えるようになる日は遠いですね><

あっさりと書くつもりが結局長くなってしまいました。。。
いつもいつもこんなだらだらとした日記を読んでくださってありがとうございます!
どうやらあたしにはスピード記述は無理っぽいので、のんびり書いていこうと思います。

ちなみにここまでの執筆時間は53分くらいでした・・・
この時間にはもちろん写真整理の時間は含まれません。。。。
執筆時間に比例して中身が充実していくことを目指して頑張りますので、今後も引き続きお付き合いくださいませ。

それではまたー

片付けてるのか散らかしてるのか

家の建て替えに伴って避けて通ることができないのが O ・ Ka ・ Ta ・ Du ・ Ke 
それでもなんとか段々と進んでいってるはずなんだけど・・・・
事前に家から持ち出してあったものとか再度運び込んでセキュアに入れたり設置したりしていたらモノが元より増えている謎@@

ちなみにトリンシック首長さまからいただいた石タイルはほぼ全部使い切りましたー
むしろ足りないくらいかも。。。
自前の花崗岩でも少し作ったけど、一番数の多かったシャドウで作ってしまったので違和感がすごい><
せめて色なしで作ればよかったんでは?と後から気づいてももう遅いですね。。。

ところで、片づけしながらも内装のコンセプトをどうしようと考えてました。
せっかく広いお城だけど実際には使い勝手が良くないから便利ゾーンだけを使うことになりそう。
特に1Fは の外側に必要性を感じないくらい意味不明なスペースかと・・・
2Fは  のように十文字の通路があるのでまた違ってくるんですけどねぇ。

とまぁこんな風に考えたところで方向性はおおむね決まりました。
前のGHもそうだったんですけど、基本的には人を招き入れることができるようにするのが好きみたい。
なので1Fは美術館博物館的な雰囲気にすることにしました。
ただし飾るものはそれほど持っているわけじゃないんですけどね><
かといって何もないのは寂しいし悲しいので古いアイテムやAF類などを置いてみます。

そして2Fはなんと!酒場的な雰囲気にしてみようと思い立ってしまいました。。
カウンターやソファを置いてキッチンとかもろもろ作っていくのがすっごく楽しい!
キッチンカウンターにオーブンに冷蔵庫!
ソファーやテーブルやその他もろもろ必要なものが盛りだくさん。
作れるものはひたすら作ります。
陳列台が作れるなんてすごい嬉しいですね。
でもアドオン系はやっぱり南向きと東向を間違えて作って無駄にしてしまいますけど・・・・

そしてここ最近凄く気にいってる生産品はやっぱりドアですね。
金属の重厚なやつか石のドアしかないのが残念ですけどあるのとないのは全然違います。
欲を言えばハウス内テレポタイルも作れるように、ぜひお願いしたいなー

ここ数日は神殿や屋上とかのお誘いが流れているのを横目にコツコツと。。。
そのかいあって結構な時間をかけてまあまあ思ったような雰囲気が作れてきました。
1Fは陳列コーナー、2Fは酒場風とコンセプト通りです。
そしてそんな作りにしたら当然人を招きたくなるわけですけど、残念ながらそこはクラシックハウスのお城で導線が悪い・・・・
玄関からドアを何度も開け続けないと中に入れませんからねぇ。
しかも場所はフェルッカの孤島だし><

そこで欲しい熱再燃したのがハウス間テレポーターです。
これがあればルナのお店からお城の屋内へひとっとびできるはずー
しかし報奨の残りは転送の盾を貰ってしまったせいで・・・・・・

自分で用意出来なければ交換してもらうしかない!
幸いもう一つのアカウントが8年経過していたのでその報奨であぶれているテレポーターと交換してもらおう!
修理台が人気で高価だから何とかなるかもしれないなーなんてね。
この長期報奨の面白いところは実用品だったり人気商品だったりが価格の決め手になると言うところですね。
なので5年の修理台と12年のテレポーターでも交換が成立する可能性十分にあり!


とかいう思惑をよそに親切なうさぎさんが現れてテレポーターいただいてしまいました・・・・・
高価なものだしいただけないと一度は断ったものの、貰えるものはなんでも貰う性格だし遠慮し続けるのも悪いですしありがたく!
くれた方は多分復帰さんだと思うんだけど、もしぼっちだったら色々なPCイベントへ積極的に飛び込んでほしいな。
あたしももう長いことぼっちをこじらせているし今更どうにもできないくらいへっぽこプレイしかできないけど、それでも少しづつ足を踏み入れた先には優しい方々が大勢いました。
だからぜひ、ね。


そしてテレポーターを手に入れてホクホクしながら帰宅、さっそく設置しました。
ところでプライベートハウスなんですけど、誰でも入れるんでしたっけ?
確かどこかでプライベートハウス内で行われたイベントがあって、外部からテレポーターで入場していたと記憶してるんですけど定かじゃない。。。
ま、そのときはパブリックにすればいいのかな。

SS182123060106

細かいところにはまだ手を入れるつもりですけど、だいぶいい感じに出来たかなー
手持ちだけじゃカーペットが足りなくて寸足らずだったり思ってる色が出なかったりなところもあるけど。。。
それよりなにより問題なのは、誰か来る予定はないし一般開放するにもフェルッカなので微妙すぎるってことですかね><
まあそこは自己満足ということで。。。。

SS412123250110

もし覗いてみたい方、ぼっちかわいそうだから冷かしに行ってやるよって方がいたらお声かけくださいね。
テレポーターにのるとPvP警告の出る酒場は珍しいと思うし><
でもあくまで酒場風内装というだけで定期定時営業的なことは残念ながらやりません。
なんといってもホラ、あたし時間とかきちんと守れない方だしね・・・・

そんな感じで今回はこれにて。
またね!

プロフィール
2001年ごろルネッサンス時代にウルティマオンラインをはじめました。 その後幾度かの休止を挟みつつ細々続けてきました。 メインシャードは瑞穂、フェルッカのヴェスパーに住んでいます。 基本的に戦闘は苦手なので、ブログの内容は日常のことが多いです。
記事検索
最新コメント
ブログランキング

Special Thanks

(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.