みんなのうるてぃまおんらいん

ウルティマオンライン、瑞穂シャードで遊んでいる日記です。

ギルド活動

(飛鳥) 劇団アールポップ公演へ出演します!

ブリタニアンなみなさま、こんにちは。
この度、飛鳥シャードにて演劇出演することとなりまして、恥ずかしながら告知・宣伝させていただきます。

タイトルは 『A Letter ~1枚の手紙~』 です。
あたしは飛鳥シャードのNixieとして参加させていただいています。
ご都合付くようであればぜひご観覧においでくださいませ。

1

フライヤーにも記載がありますが、公演日は8/10(月)の山の日、祝日ですね。
場所は飛鳥シャード フェルッカのマジンシアにある飛鳥オペラ座という建物です。

2633126235307

一般席は無料ですが特別なお席も用意されています。
こちらは8/9(日) 22時~22時15分に事前受付と抽選がありますよ!
とっても雰囲気のあるボックス席なのでとってもおススメです。

その他詳しい情報は下記リンク先をご覧くださいませ。
地図やお席のことなども掲載されております。



というわけで完全な宣伝となってしまいました。。。
最近はあんまりブログ更新してなかったのに宣伝はちゃっかりしちゃってごめんなさい。
週に何度かは練習してたんですが、ネタバレになってしまうのでブログに書くわけにもいかずー
でも出演者みんなで頑張りましてなかなかいい出来になったのでぜひ見に来てほしいです。

それではたくさんのご来場お待ちしております~♪

(飛鳥) 死の街と内通者

インサイダーゲーム、それはいかにインサイダー(内通者)を炙り出そうか頭を悩ませる頭脳ゲーム。。。

簡単にルールを説明すると、親があらかじめ設定しておいたキーワードをYes No で回答できる質問で当てるのがまず最初。
当てることが出来たら、その答えを親以外で最初から知っていたインサイダーが誰なのかを当てるというゲームであたしは大好き。
というわけで今日はロストランドへの冒険、その後にインサイダーゲームをやったからその様子を日記に書いておくことにするよ。


*************

あたしが黒熊亭についたのはそれなりに遅い夜でした。
店内には知った顔が集まっていてどこかへ出かけようって相談してたとこだったみたい。
でもこの晩はマスターの姿が見えなかったね。
きっとまたお店をレナータさんへ押し付けてサイコロでも振っているんじゃないかしら?
弱いんだからやめておけばいいのにっていつも思うんだけど、楽しんでいるようにも見えるからなかなか止める気も起きないんだよね。

まあそれはさておき行き先がようやく決まろうとしていたよ。
誰が言い出したのかわからないけどフェルッカにある死の街へ行こうってことで決まったみたい。
死の街っていうのはロストランドのデルシアからほど遠くない場所の事なんだけど、お墓や怪しげな砦がある廃墟みたいなところね。
そこにある祭壇になにかするとモンスターがたくさん湧くんだって。

あたしは場所を知ってるくらいの知識だったからみんなの後ろをクーシーに乗ってついていくのが精いっぱい。
だって話を聞いているときからドキドキしっぱなしだったなぁ。
いくら大勢だからと言ってモンスターがいっぱいなんて怖いもんね・・・・

死の街へついたら誰かが祭壇に儀式をしたみたいで、アンデッドたちが次々に湧き出てきた。
あたしはもう逃げまどいながらそれでもクーシーに頑張ってもらったり扇動したりしてみたよ。
とてもみんなの様子を見ている余裕がなくてどこで何が行われてるのかわからなかったなぁ。
途中でリッチに挟まれたところで気絶しちゃって、目覚めたらデルシアにいたからあわてて戻ったりもしたくらい・・・・

戻ってみたらみんなが何かを囲んでるところだったからきっとボスか何かだと思って一応加勢してみたよ。
囲まれたまま姿は確認できなかったけど、しばらくして恐ろしげな断末魔が聞こえた。
どうやらアンデッドの親玉みたいなやつだったみたいだねぇ。

14183414215806

全て終わった後、黒熊亭に戻って解散ってとこだったんだけど、なんとなく遊び足りない面々が数人で残ってた。
そしたらマスターがどこかから戻ってきてね、インサイダーゲームをやろうって言いだした。
きっとどこかでサイコロか何かで負けて帰って来たんじゃないかしら?
だからあたしたちから少しでもせしめて、使い込んだお店の売り上げ金をなんとかしようと思ったのかもしれないね。

暇を持て余していたあたしたちはもちろん大歓迎で返事をしたの。
だって今まで何度かやったインサイダーゲームでマスターが勝ったことないんだからね!

こうしてゲームが始まりました。
マスターが用意した答えが簡単すぎてあっけなく当てて、あたしはご機嫌だったんだよね。
でもこれは大きな間違い、勘違いだったのを後から知ったの・・・・

ルールその1 答えを当てる
これはもうそのまま、キーワードを当てるだけだからよっぽどのことがない限り当てられるはず。
なんといっても人数が多いいからどこかからいい質問が出るし、それを聞いてさらに質問を重ねられるからね。
でもこれが罠だった・・・というか勝手に罠にしちゃってたのがあたし。。。

見事に答えを言い当てた時は何とも言えない嬉しさがあってね。
それはもう得意気だったんだから!
ところが・・・

14325314232406

ルールその2 インサイダーを探し出す
実は本当の難しさはココにあるんだよ?
すぐに答えを当てるより、誰がその答えを知っていてうまく誘導したかをよく考える必要があるわけ。
それは答えを当てるよりもはるかに難しいことだから、よーく頭を使わないとだめなのよね。

って・・・それをもっと早く知りたかったなぁ。
いや、まあ、みんなはそう言ってたのかもしれないけど、どうもあたしにはピンと来てなかった。
そのせいで結局またインサイダーの一人勝ちになってしまった・・・・

14361714232606

こんな感じで楽しい夜は更けていき散々遊んで疲れたあたしたちは黒熊亭を後にしたよ。
なんといっても今日は、いつもお仕事ばかりで一緒に遊んだことの無かったMayuさんと一緒に遊べたのが嬉しかったなぁ。
お仕事中で忙しかったはずなのにお付き合いありがとうございました!

今日はあらたな気付きを得ることができた様な気がする。
一つは、人間の世界では正直なことだけが正解じゃないってこと。
もう一つは正直なことが正義なわけじゃないってことかな。
だってね、こっちに来てから誰かが他の人へ向かって 「そこのヘンテコな帽子のやつ」 なんて呼びかけるところ見たことないからね。
頭に浮かんだことをすぐにしゃべっていいのはエルフの村の中だけってことね。

それでもいまだにいまいち理解できてないこともあるのよねぇ。
それはね・・・・・
頭でいくらわかってるからって、じっと黙ってることができるのはなんでなんだろってこと!

だからあたしも今度からあんまりしゃべらないように頑張ってみるつもり。
上手くいったらちゃんと日記に書こうっと。


************
あとがき的なもの

この日は#RPGの面々とFロストランド 死の街でチャンピオン湧きをしてきました。
その後は黒熊亭でインサイダーゲームをしたんですが、いつもどうもうまくいきません。。。
とにかく回答したいって気持ちが先に出てしまって自滅しているみたいなので、次からはもっと上手に立ち回りたいと思います><

おしまい。

(飛鳥:#RPG) またまたダイコンアクター

とある日、黒熊亭の隣にあった廃墟のような建物が装いも新たにお店になったと聞き見に行ってみた。
外から見るとトクノ式風なこじんまりとしたお店みたい?
でもその敷地内に一歩踏み込んでみて私は飛び上がってしまうくらい驚いた。
だって・・・・・建物の中には沢山の死体や骨、血が飛び散るおどろおどろしい光景が広がっていたの・・・

しかも店員さんには黒熊亭ゆかりの人物を真似させるという手の込みよう。
これはもう・・・ハラスメントでしょ!
ユー首長さまの査察と取り締まりがいつになるか、きっと時間の問題ね。

0584105212905


そんな奇妙なお店は黒熊亭のすぐ隣なわけで、となると当然他にも黒熊亭の常連さんが集まってきた。
やっぱりみんな思うとこはあるみたい?
かと言っていつまでも小さなことにとらわれないのがいつもの面々のいいところだ。

「ダイコンアクターやりたくない?」

人が集まったところで大陽寺さんが唐突に提案した。
ダイコンアクター!前回やったのはもう結構前だけど楽しかったなぁ。

「私もやりたいー」

すかさず返事をするとロクサネさんとバーチンさんも乗り気な様子を見せた。
こうして4人で騒いでいると、きっと店内まで聞こえたのだろう、黒熊亭から誰かが出てきてこちらへ向かってくる。
誰かというのは失礼かな、それはマスターのグレンさんだった。

「おう、おまえら賑やかだな。ダイコンアクターやるなら俺も行くぜ」

お店はどうするの?って聞こうと思ったけどそんな質問に意味がないことを悟った私は開きかけた口をつぐんだ。
あーあ、またレナータさんが一人で切り盛りする羽目になったわけだ。
なんだか悪いことをしてしまったかもしれない。
今度なにか甘いものでも差し入れすることにしよう。
心の中で両手を合わせごめんなさいとつぶやいてみたけど、足は大陽寺さんの誘いのままニューマジンシアへ向かっていた。


~~~~~~~~

『飛鳥オペラ座』

この看板をみると心が躍る。
オペラというものは見たことがないけど、遠い異国か異世界かにある芸術の一つらしい。
それは歌いながら劇をするものだと知った時、私はその様子を想像しただけで興奮してしまった。
このステキな劇場で演劇を見ることのできる日が来るのが待ち遠しい。

でもとりあえず今日は見る側ではなく演じる側、それもアドリブの即興劇である。
そのダイコンアクター自体はゲームと言えばゲームだし、演劇と言えば演劇だし、どっちの要素もある楽しい遊びなのだ。
この劇場を手掛けた大陽寺さんの挨拶からはじまった今回のダイコンアクター、いったいどうなるんだろう。

05121305213505

まずは一回戦、参加者はバーチンさん、ロクサネさん、大陽寺さん、そして私。
司会はいつものようにマスターがやってくれた。
いつの間にか観客が増えていて驚いちゃったけど、きっとお店にいられても大変だからってレナータさんがこちらを案内したんだと思う。
うんうん、それは大正解ね。

ともあれ最初の4人で始めた駆け引きは、決めての無いまま時間いっぱいまで続いてしまったの。
どのNGワードもぽろっと出そうかなって思ったけど、誘導するにはちょっと難しかったのかなぁ。

05224405220005

メンバーを入れ替えての2回戦は見ごたえのあるものになった。
テーブルを囲んだのは、にぼしちゃん、タイガーリリーさん、そして私はお初だったサラさんとデンさんことデンドロビウムさんの4名。
テーマは 『 鯉釣り大会 』 についてだって。

05265205222805

このダイコンアクターだけど、実は見てる方が面白いんだよね。
NGワードがわかってるから誰をひっかけようとしているかがすぐにわかってドキドキしちゃう。
そしていよいよ、マスターの掛け声でいざ開演!

05345805224005

開演と同時に舞台へ入って来た4名が椅子に座って会話を始めた。
口火を切ったのはタイガーリリーさんだったかな。

「鯉釣り大会、飛鳥は2位だったらしいじゃないか」

「ドーンだYO!」
「どーん!」
「ドーン」

とまあ、いきなりのNGワードで退場に・・・・
たぶん過去最速だったんじゃないかなぁ。
これってまさに出オチって感じで、狙ってもなかなかできる物じゃないよね。。。

その後3人となってしばらく会話が続いたけど、また一人脱落することになった。
次はにぼしちゃんがNGワードの『全然』を言ってしまったね。

こうして残されたのはサラさんとデンさんのお二人。
まさに一騎打ちだったんだけど、どちらも相手の誘導には乗らずタイムアップ。
最後の最後まで気の抜けない好勝負でした。

05363405224205

最後はマスターの総評があって、優秀賞はタイガーリリーさんということになりました。
確かにあの最速具合は凄かった・・・・
結果の真似はしたくないけど、攻めの姿勢は見習いたいかなって思ったよ。
私ってどうしても受け身がちだからもっと積極的にならなきゃなぁってね。

そんなこんなで夜も更けて、とっても楽しい一日の締めくくりとなりました。
遊びなのに飛鳥オペラ座を使わせてもらえたのも嬉しかったなぁ。

そういえばこの劇場で演劇が予定されてるらしいよ?
今はマスターが一生懸命台本を書いているんだって言ってた。
どんな劇になるのか楽しみだね。


**************
あとがき
#RPGのメンバーでダイコンアクターをやりました。
ルールは、参加者それぞれが他の参加者のNGワードを決めてそれを言わせるようにするというものです。
もちろん自分に決められたワードはわからないので誰かに誘導されていることにも注意しなくてはいけません。
この駆け引きがなかなか面白いんですが、作中にも書いたように、あたしは見ている方が楽しいですね。
進行役はちょっと大変かもだけど、マスターに甘えて楽しませてもらってます。

今回もとっても楽しかった。
みなさまありがとうございましたー

(飛鳥:#RPG) 老齢の騎士は無謀が過ぎる

その日、黒熊亭はいつものように賑わっていた。
マスターはまたサボっているのかお留守である。
かわいそうに、一人残されたレナータさんが一人で慌ただしく切り盛りしていた。
とは言っても安酒で長時間粘る常連ばかりで売り上げはあまり期待できないだろう。

「ほう、ここが噂に名高い、屈強な冒険者が集う酒場というやつか」

ワイワイとくだらない話で盛り上がっていた店内がピリッとした空気に代わる。
全身を真新しいプレートメールで固めたその姿へ一同から値踏みをするような視線が注がれた。
一瞬の緊張と静寂のあとタイガーリリーさんが口を開いた。

「じいさん、こんなところへ何の用だい?」

「うむ、確かに用があってここへ参った。しかしその前に吾輩のことを説明させていただこう」

質問と答えが一致してないよ?と言いたいところだけど、まあ刺激の少ない番だから暇つぶしに聞いてみるのもいいだろう。
それはその場に居合わせた者たちが何かを期待しているということがわかるからでもあった。

「吾輩は元王国騎士団のドンキ・ホエールと申すものだ。数年前に退役するまで世界中にその名を轟かせたものだ」

「聞いたことないね」
「初耳ですわー」

バーチンさんとロクサネさんは立て続けに同じことを言っている。
そして私も同意見だった。
だって王国騎士団があることは知ってるけど、そこの誰々なんて個々のお名前は存じていないんだもの。

「ふむ・・・・こんな辺境の地までは届いておらんかったか。まあ仕方ない」

「うん、確かに辺境だ」

タイガーリリーさんが語気を強めて返答する。
それに呼応するように何人かが「辺境だ」「辺境だ」と繰り返し叫びはじめた。
こうなるとなかなか止まらない。
内心に湧き上がる怒りに似た感情は悪ふざけという形で表現される。

「辺境だ!」
「辺境だ!」


『ダンッ!』

大合唱を遮ったのは、エールの瓶がカウンターに叩きつけるように置かれた音だった。
その音を鳴らしたのは、こわばった表情で無理やり笑っているレナータさんだ。

「大陽寺さん、あちらのお客様へお渡ししてもらえる?」

「あ、ああ、ほらじいさん、ここは酒場からな、まずは一杯注文してやってくれよな」

「う、うむ、かたじけない。ではいただくとしよう・・・・」

老騎士は手渡されたエールの瓶に口をつけのどを潤している。
そして立派なあごひげに垂れたエールを手で拭ってからまた語りだしたのだった。

 ドンキ・ホエールさんが言うには、これまでの人生のほぼすべてを王国騎士団へ捧げたことは誇りらしい。
しかし誇り高き騎士として王国に仕えていたということは自由な冒険なんて夢のまた夢であったのもまた事実。
退役してから得たのは、少々の恩給と使い切れないほどの退屈な時間だけらしい。
その時、風のうわさで黒熊亭に集う冒険者たちのことを知ったのだという。

「そこで貴公らに依頼したい。共に冒険へ向かい、吾輩の護衛を引き受けてほしいのだ」

「ほう、面白そうだ」
「報酬次第かなー」
「なぅなぅ♪」

「よかろう忍者娘、報酬は弾むぞ。心配するな、吾輩は少々小金持ちだ。」

老戦士 ドンキ・ホエールはそう言ってつむぎさんたちの要求に応えることを約束し、ニヤリと笑いながら目的地を告げた。

2681526214604

「ここは・・・・コブトス」

「左様、この中を進み最深部へ到達できたなら、このコブトスの支配者たる魔女が姿を現すらしいのだ」

「ああ、魔女コーラだね。ちょっと手ごわいけど・・・平気かい?じいさん?」

「平気かどうかは貴公ら次第、ではないかな?報酬分の働き、冒険者の腕前とやらを見せてもらおう」

それを聞いたタイガーリリーさんはあきれ顔で笑い、そしてわざとらしいくらい大きな声で私たちに尋ねた。
もちろん今まで数々の洗浄を経験してきた冒険者たちばかりだ。
ここまできてやめておこうなんて者は一人もいない。
当然のように全員が力強く頷いた。

26141126215304

いざ出陣と入り口を開け、タイガーリリーさんを先頭にダンジョン内をぞろぞろと進む大行軍の始まりだ。
これだけ手練れが揃っていれば大抵のモンスターは敵ではないだろう。

でも実は、私もここへ来るのは初めてだった。
冒険には前々から興味はあるものの、腕に自信がないため普段は全くと言っていいほどダンジョンには立ち入らない。
誘われればついていくことはあるけどたいていの場合は本当にただくっついていってるだけである。

それが今日はちょうどよく大勢集まっているタイミングで護衛の依頼があったのだ。
いっぱしの冒険者面でついていけばいい、なんという幸運な出来事だろう。
そんなことを考えながら見知らぬ道を駆け抜けて奥へ奥へと進んでいった。

「む、いたぞ、魔女コーラだ・・・まだこちらには気づいていない」

雪猫さんが小声でみんなに伝達する。
すると突然地割れのような、氷柱のような、不思議な模様が地面を進んでいく。
はっきりとはわからないけど、コーラを中心に周囲へ無差別攻撃をしているのかもしれない。

「あれはなんじゃ!?」

突然大きな声が聞こえたと思ったら、馬に乗った老騎士が飛び出してしまった。
魔女コーラがその物音と大声に気が付かないはずもなく、鋭い眼光をこちらに向ける。

「やれやれ、こまった爺さまだな」
「なぅなぅ♪」

大陽寺さんとねこかっぷさんは呆れているのか楽しんでいるのかわからないような表情でホエールさんを追いかけるように飛び出した。
続いてタイガーリリーさんがかばうようにコーラの行く手を遮るべく刃を突き出す。
しかしコーラの歩みは止まらずホエールさんに襲い掛かる!

26205126220704

『ガゴンッ』

絶体絶命老騎士の冒険もここまでかと思われたが、禍々しい色形をした魔女の杖が振り下ろされた先はルーンビートルの固い甲羅だった。

「まったく、無茶しすぎなのです」

あとほんのわずか遅かったらどうなっていたかわからない、そんなタイミングでウェレンさんがルーンビートルを滑り込ませたのだ。
だけどいつまでも感心してる場合じゃない。
私もなにかしているフリでもしないと冒険に不慣れだってばれちゃう。

でもそんなこと考えている暇もなく、あっという間にみんなそれぞれの持ち場についていた。
あれこれ相談したり作戦を立てたりする必要なんてまるで感じられずに自然と陣形が出来上がっていたのだ。
ウェレンさんのルーンビートルにつづいて大陽寺さんの煙を吐く黒い馬がコーラにとびかかる。
そしてロクサネさんのジャイアントビートルと雪猫さんの鷲が続いた。
さらに取り囲むようにしてねこかっぷさんとにぼしちゃんが魔法で、つむぎさんとバーチンさんが弓で攻撃を始めた。
私は出遅れたけど、相棒のユニコーンに攻撃命令を出した後魔曲で加勢する。

肝心のドンキ・ホエールさんは・・・・
タイガーリリーさんにしっかりとサポートを受けながら自慢の槍でコーを突いている。
四方八方から攻撃を受け続ける魔女は、誰に反撃をすればいいのかわからず戸惑っているようだ。

26285926221004

ほどなくしてコーラは地面へ突っ伏して動かなくなった。
まさに数の暴力と言ったところだろう。

「おじいちゃん、満足したでしょ?早く帰って報酬ちょうだい」

つむぎさんがそう声をかけるとホエールさんは首を横に振る。
これはなにかおかしな展開が待っているように思えてならない。

「確かに魔女を倒すことはできた。しかしこれではいかん、いかんのだ!」

「なにか不満でもあるのかい?依頼通りに魔女を倒したじゃないか」

雪猫さんが不満そうにホエールさんへ言い返す。
するとホエールさんが少しうつむいたまま視線を上げ目を光らせた。
その瞳にはとても年老いたとは思えない光があり、まだ満足していないことを物語っている。

「おぬしら知っておるか?このコブトスの秘密を」

「秘密?」

「ここへ来るまでの道中で見ただろう?あの大量のモンスターたちを。それをとにかくたくさん倒すことでな・・・・」

「倒すことで・・・・・?」

私は思わずつぶやいてから息を呑み続きを待った。

「時折特殊なアイテムを落とすモンスターがいるという。あーてぃふぁくとというそうだが・・・」

アーティファクト!確かにこのブリタニアには沢山のダンジョンにたくさんのモンスターが生息している。
その中には変わった武器や防具、アイテムを落とすモンスターがいるというのは半ば常識だ。
それがこのコブトスにもいるなんて!

「確かに魔女を倒すことはできた。しかし手ぶらで帰ったところで誰がそれを信じようか。なにか・・・せめてなにか証になるものを持ち帰らなければならないだろう?」

「まあ確かに一理ある。魔女も大したことなかったから物足りないと思っていたところさ」

「でもさ、依頼はもうこなしたんだからこれ以上付きあわせるなら追加料金が欲しいところね」

「むむむ・・・忍者娘よ、しっかりしておるな・・・仕方ない、追加をはずもうじゃないか」

「じゃあ決まりね。みんなもいい?」

反対するものは誰もいなかった。
口には出さなくてもやっぱりみんな物足りなかったのだろう。
もちろん私もうなづいて行軍についていった。

26324426221404

それからは明確な目的地がないままにこのコブトスダンジョン内を隅から隅まで走り回った。
ときおり行き止まりがあったりモンスターが一か所に集まっているところがあったりして苦戦することもあった。
でもそのほとんどの窮地はホエールさんが一人で進んでいきモンスターと鉢合わせしては走って戻ってきたことによるものだ。
何と言ったらいいのか・・・・悪意無き禍いの種、といったところか。

26340126222904

大広間に出ると亜人の群れが手厚く歓迎してくれることもあった。
もちろん私たちもその歓迎に応えるために全力を尽くす。
しかし特別なアイテムなんて一つも見つからない。
本当に手に入れることができるのだろうか。

26401126224804

終わりの見えない戦いに全員が疲れの色を隠せなくなった頃、号令がかかり全員表へ出ることになった。
どうやら今日はこの辺で引き上げることとなったみたい。
私たちが疲れているということはご老体も相当疲れたのだろう。

外へ出ると老騎士 ドンキ・ホエールさんは私たちを整列させて演説を始めた。
いちいち堅苦しい物言いも、栄誉ある戦いの証を求めることも、形式を重んじる騎士という職業柄なのだろうか。

「貴公らの働きによってこのコブトスの秘密に迫ることができた。礼を言う」

そりゃ当初の目的だった魔女を倒すことは叶ったんだからね。
特別なアイテムとやら手に入らなかったのは残念だけど。
そのことを口にするとホエールさんは言った。

「いやいやそんなことは無いぞ。コブトスの魔女を倒したことは事実であるからして、吾輩の歴史にも刻まれることであろう」

刻まれたのはホエールさんの鎧についたモンスターから受けた攻撃の跡くらいじゃないのかな?
そう思ってはみたものの、本人が満足しているようだから口を挟むのはやめた。
だってじゃあやっぱり何かを手に入れるまで続けようって言われたら困るもんね。

26444626231004

ようやく帰路についた一行は黒熊亭へと戻ってきた。
最後に約束の報酬をもらうとさっきまでの疲れた顔なんて吹き飛んでみんなホクホク顔である。
私も思わぬ臨時収入でずっしりとなったバッグの重みに満足だ。

26464326231604

こうして本日の冒険は無事終わりを告げた。
帰り際ホエールさんが「また会おう」と言いながら去っていった。
その言葉を聞いた私は期待と不安を混ぜ合わせた気分になり家路についたのだった。

おしまい。



*************************
あとがき

飛鳥での所属ギルド #RPGでのギルド内イベントの様子を創作日記として書き記してみました。
GMによるシナリオ、クエスト形式でのイベント参加は初めてだったので色々戸惑いもありましたけど楽しかったですね。
そんなギルド#RPG、今回のイベントページはこちら ↓



全5回ということで、老騎士ドンキ・ホエールの次の依頼が楽しみです。
直接は関係ありませんが、大昔に瑞穂の自ギルドでやってみたかったことが今昇華されているようで楽しいだけじゃなくて嬉しい気分で参加できました。
マスター、みなさま、おつかれさま & ありがとうございました!

(飛鳥:#RPG) 内通者はだれ!?

ここ最近私は退屈な日を過ごしていたの。
コツコツと同じことを繰り返して積み重ねていくことは大切だけどね・・・・

「ああもう、たまには遊びに行かないと気が滅入っちゃうよ!」

近くに誰もいないことをいいことに、私は大声を出しながら立ち上がった。
ようやくお出かけなのか、と言いたげに足元のリスが肩に飛び乗ってくる。
真っ白いふさふさのしっぽをなでながら私は走り出したの、ユーのムーンゲートへ。


~~~~~~~~~~

黒熊亭に来てみるとすでに大勢の常連たちが談笑していた。
もう何度かお会いして方ばかりなので、さすがの私も緊張しなくなってる。
ちゃんとお仕事をしているレナータさんに小さく手を振ると、彼女も手を降りかえす。
でもその表情はちょっとだけあきれ顔に見えた。

ああ 「また」 なのね。
私が店内に入った時、すでにカウンターの中には彼女一人しかいなかった。
だって、本来彼女と一緒にカウンターの中で ” お仕事 ” をしているはずのマスターは、他のお客さんに混じって客席にいるんだもの。

「おう、ニキシー、ちょうどいいところに来たな。
 これからインサイダーゲームをやるからお前も参加するだろ?」

インサイダーゲーム!
少し前にやった時もすごく楽しかったゲームだ!
私は心の中で 『レナータさんごめん』 と言いながら、カウンターの中にいないマスターのことは見て見ぬふりをしてゲームに参加することにした。

SS291422090416


インサイダーとは内通者のことなんだけど、参加者のなかに答えを知っている人が一人だけいるの。
司会であるマスターは答えは知ってるけどインサイダーが誰かなのかは知らない。
参加者はインサイダー一人の他は庶民ってことなんだけど、こっちは何もかも知らない状態ね。

ここから 「はい」 と 「いいえ」 で答えられる質問をしていって、当たりのキーワードを見つければマスターの負け。
その後にインサイダーがばれずに逃げきったらインサイダーの勝ち。
インサイダーを見つけたら庶民の勝ちってルールかな。

こうして一回目のゲームが始まったんだけど、何の気なしに座った場所のせいで私が最初の質問をすることになったの。
最初だとなんの予想もないままに質問することになるのと、思わぬ方向へ決めつけてしまうことにも注意が必要だから緊張したよ。
だからまずはざっくりと分けるために大まかな質問をすることにした。

「それはバッグに入りますか?」

マスターの答えは 「はい」 だった。
つまりバッグに入るくらいの物ってことだから、設置されているような建造物や生き物とかじゃないってことになる。
ちなみに私は庶民だったんだけど、この質問が後々の悲劇を生んだのかもしれなかった・・・・

こんな感じに順番に質問していって大分絞れてきたような気がする。
バーチンさんが言った、レナータさんから買うことができるか?って質問も良かったよね。
こうして絞り込まれて導き出され、ロクサネさんが 『ワイン』 と答えて大正解!

でも直前で 『ワインの瓶』 って答えたねこかっぷさんが怪しく見えてしまった・・・・
答えを知ってるインサイダーなら自分で答えを言うことは避けたいはずって思っちゃったんだよね。
ねこかっぷさん、疑ってごめんね><

そして実際にはその答えを言ったロクサネさんがインサイダーだったんだけど、それを推理したのはバーチンさんだけだった!
なんで怪しいって思ったのかがいまいちわからなくて信用しきれなかった。
長々と演説してくれたんだけど、推理と言うより勘で言ってるように見えちゃったの、ごめんね。。

そして最後にインサイダー最終投票で選ばれたのは――

「ニキシー、お前だ!」

「えー、残念ながら庶民です。。。」

となってインサイダーだったロクサネさんの勝利となりました。
ロクサネさん、見事な逃げ切りおめでとー

私が疑われた理由だけど、最初にバッグに入るかどうかで絞ったことと、二度目の質問で赤いかどうかを聞いたのが核心に迫ってたと思われてしまったみたい。
最初のはともかく、赤いかどうか質問したのはね、レナータさんが売っている食べ物で赤いものがトマトスープと人参スープだったから。
他の食べ物はコーンとポテトの黄色や豆とかの緑だったかな。

ここまで絞れば後の人が誰か当ててくれると思っての質問だったんだけど、それが正解が出ないと困るインサイダーの仕業って印象を・・・・
答えは同じく赤いワインだったのはホントに偶然で、飲み物はまったく考えてなかったけどね。。

SS551422410420

そして二回戦は大陽寺さんが司会で行われたよ。
ウェレンさんが帰宅しちゃったけど、一回戦の途中で黒熊亭を訪れたアプリコットジャムさんが加わりました。
そして 仕事中なのにサボっている マスターが大陽寺さんと入れ替わりで参加ね。

この二回戦は難しかった・・・・
質問が一周した段階で全部いいえだったかもって位になんだかわからないまま。
わかっているのは、

・街のお店でも個人のお店でも売ってるのは見たことない。
・黒熊亭からは見えない
・土地の名前がついている
・食べ物でも生き物でもモンスターでもない
・空にはない(!?)

今回は順番が最後だった私、お城かもしれないと思って質問してみたの。

「それはお店で売ってるものを使うものですか?」

「いいえ」

きゃー即答で違ってた・・・・
そもそも土地の名前はついてなかったかもしれないし、これは失敗してしまったなぁ。

皿に質問は続いたんだけど決定的なものはなかなか出ない感じです。

・トラメルにあるしフェルッカにもある
・大きくもあり小さくもある
・装備品ではない
・みんな使用したことがあるかもしれない(けどそれぞれのことはわからない)

順番は覚えてないけど大体こんな感じで質問は終わりに近づいてきてしまったの。
あとは私しか残ってないのにどうしよう・・・・
すぐ隣に立っている大陽寺さんは、目深に被った笠の奥で勝ちを確信したようにニヤリと目を光らせていた。

最後だからすごく重要・・・・ここで答えられなかったら司会の勝ちになってしまう!
これまで出た質問を順番に考えていって必要なものを組み合わせてみるしかない!!

ここで私が注目したのは、お店では売ってないんじゃなくて見たことがないってことと大きかったり小さかったりってとこ。
そしてトラメルにもフェルッカにもあると言うところからするとトクノにもテルマーにも、どこにでもあるってことかもしれない。
それにいくつかの質問の答えがはいいいえでは言い切れなくて確認することも多かった。
さらに土地の名前が入っている物と言ったら・・・・

みんなをすごい待たせてしまったけど長らく考えた末、私は答えを言ってみたの。
あってるかどうかは半々くらいのキモチだったけど、違ってたらもう一回だけは質問できるからね」

「わかった!最後の質問の前に回答するね
 答えはブリタニア船!」

大陽寺さんはまさかの無言!?

「・・・・・・」
「・・・・・」
「え?もう一回言ってみて?」

あー、うまく聞き取れなかったのかな、違ってたのかなぁって思いながらもう一度答えを言ったの。

「ブリタニア船」

「正解」

やった!当たった!
この時の大陽寺さんの顔ったら、悔しさが隠し切れないって感じで悪いことしちゃった気分だったね。
確かに売ってるところは見たことないし大きかったり小さかったりするもんね。
場所もほぼ限定されないし使ったことというか乗ったことがあるかもしれないけどそこまではわからないとかにもぴったり当てはまる。

正解が出たところでインサイダー探しとなるわけなんだけど、これがまたわからない・・・・
だって答えのわかってるインサイダーならもっと早く誰かが答えられるように誘導するはずなんだよねぇ。

それは誰しもそう考えることで、ということは・・・・・
この質問と回答だけで正答出来たニキシーがインサイダーに違いない!って流れに@@

わかる、すごくよくわかるよ!
どう考えても私が怪しすぎるし、私も他人だったら自分に投票してたと思う。
ほぼ満場一致で疑われた私ですけど、これがなんと驚くことにまた庶民。。。
結局今回もインサイダーの勝ちとなったのでした。

実はインサイダーはつむぎさんだったんだよね。
インサイダーの招待にも驚いたけ、それよりここでもここでバーチンさんがインサイダーを当てていたことに驚きです。
つむぎさんの質問が核心に一番近かったっていうのが理由なんだって。

その鋭い分析の甲斐もなく、またまたインサイダーを見つけられなかったどころか疑われもしたバーチンさんかわいそう。
どうも私とバーチンさんは疑われてばかりな気がするよ・・・・
庶民なのに毎回こうなら、もしインサイダーになったら真っ先に疑われてしまうんだろうなぁ。

2度のゲームが終わったころにはすっかりいい時間になってました。
どうやらそろそろ解散ですね。
今日も楽しく遊んでくれてみんなありがとね。

SS541423470422


でも一番大変だったのは、マスターが遊んでいる間も一人でお店を切り盛りしてたレナータさんだったかも。
レナータさん、いつもありがとう。
今度なにか差し入れでも持っていこうかしらね。


----------------

というわけでこの夜はインサイダーゲームを楽しみました。
以前やった時のお話はこちら。




同じ#RPGメンが書いた記事がありますのでこちらもどうぞー
まずは推理が冴えわたってたバーチンさんのブログ。
信じなくってごめんね><




こちらはロクサネさんの記事です。
まったく疑ってなかったけど一回目のインサイダーでした。
ひょうひょうとした受け答えが演技なのか素なのかがわからないー




こんな感じに楽しく遊んだ夜でした。
またやりたいし今度こそはインサイダーを見つけたいものですね。
おしまい。

プロフィール
2001年ごろのルネッサンス時代にウルティマオンラインをはじめました。 その後幾度かの休止を挟みつつ細々続けてきました。 メインシャードは瑞穂、フェルッカのヴェスパーに住んでいました。 基本的に戦闘は苦手です。。
記事検索
最新コメント
ブログランキング

Special Thanks

(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.